富士宮商工会御所青年部

会長あいさつ


会長所信

【所 信】

我々富士宮商工会議所青年部(以下YEG)は、富士宮市内で最も多くの青年経済人が集う団体です。メンバーの多くは他の団体にも所属しており、その影響力と発信力は年々大きくなってきていることを感じています。近年は地域の賑わいの創出を目的とした多くの事業や、地元企業の認知度上昇を目的とした雇用対策事業等に積極的に取り組んできた事で、親会である富士宮商工会議所や市行政を始めとする各方面から、我々の活動への期待と注目度が高まってきています。

しかし、青年経済人である我々にとって、時間とコストは有限であり大切な経営資源の一つです。その大切な資源をかけて行うYEG活動であるからこそ、活動を通じて得た何かを自らの成長にどう活かしていくか、自企業の発展にどう繋げていくかが求められています。

個の成長は、自ずと周囲へと拡がり様々な影響を与えます。特に富士宮YEGの構成は、多種多様な職種や経歴を持った同世代の集まりです。本年度も事業や委員会活動を通じて互いをよく知ることで、今までにない連携や交友が生まれるでしょう。そんな互いの成長と連携こそが地域を支える力(POWER)を生み出していくのです。

今後も富士宮YEGが周囲から評価されるような活動を継続し、発展させていくためにも、本年度はまず会員自身の学びの機会の創出と、新たな絆を生み出す会員同士の連携強化に取り組んでまいります。

そして、我々の多くは今後の地元の雇用と産業を支えていく中小企業の担い手です。地域が活性化するための一因として、地域に根付く人材が必要であり、地域に働く場がなければなりません。「地域」と「企業」と「人」と「雇用」が結び付きあって、互いに作用し合い、高い価値を生み出し、永く持続していくためにも、本年度も雇用対策事業に取り組んでまいります。

また、その地域で受け継がれてきた歴史と伝統・文化を保ち、更なる賑わいの創出に協力して地域を活性化していくことも、我々YEGメンバーにとって継続的な課題です。

本年度は、親会である富士宮商工会議所が創立70周年を迎えると共に、5月には富士宮市の市制施行75周年を祝う『第11回商工フェア』が5年ぶりに富士宮市民体育館で開催されます。加えて、現在建設中の富士山世界遺産センターも年内には完成する予定です。我々もこの大切な節目の年に積極的に関与し、新たなステージへ踏み出す大切な1年とし、次代に繋げてまいります。

平成29年度会長 眞 邦幸

【スローガン】

『愛する地域の未来の為に』
~互いの成長と連携が地域を支える力(POWER)と成る~

©2014 富士宮商工会議所青年部 Theme by: Theme Horse